ご主人の不倫を疑う貴女のために浮気調査を徹底解説

浮気調査マニュアル

浮気調査に基づく対応

不倫の事実を認めさせるためには浮気の証拠が必要! 

更新日:

夫の不倫が発覚し、慰謝料の請求や離婚を求めるのなら、浮気の証拠をつかんでおくのが大事です。というのは、浮気の証拠が無ければ夫や交際相手が、不倫を認めない可能性が出てくるからです。

 

また、ご主人の浮気を知っても子どもや生活を考えると離婚をしたくない場合でも、不倫の証拠があればご主人から離婚を求められたときに離婚を防ぐことができます。

 

裁判や話し合いを優位に持ち込むためには、確かな証拠が必要不可欠です。そこでこの記事では、浮気の証拠となるものや、不倫を認める書面の重要性についてご紹介します。

 

1.     浮気の証拠が必要になる理由とは

 

夫の不倫が発覚したときに重要になるのが浮気の証拠です。夫に不倫について問いただした場合、どのような返答をするのかは人それぞれです。すんなり認めて謝罪する夫もいれば、あくまで白を切る夫もいるでしょう。

 

なかには「夫を信じられないのか!」と、逆に怒り出す夫もいます。また、不倫の事実を認めた後に、「あれは間違いだった」「不倫をした覚えはない」などと言い出すこともあります。

 

離婚をするにしても、浮気相手に慰謝料を請求するにしても、浮気の証拠を示して夫や不倫相手に浮気の事実を認めさせることが大事です。

 

相手に有無を言わせない証拠があれば、裁判や話し合いを優位に進められます。逆に証拠が無ければ、うやむやで終わってしまう可能性が出てきます。問題を解決し、すっきりした生活を取り戻すためにも、不倫の事実を証明する証拠を集めるのが肝心です。確固たる証拠を提示し、こちらの望む決着を勝ち取りましょう。

 

 

2.     浮気の証拠として認められるものとは

 

浮気の証拠として認められるものには、次のようなものがあります。

 

  • 自力の浮気調査で集められる証拠

・LINEのやり取り

・メール

・手紙

・日記

・音声データ

・ブログ

・SNS

 

  • 探偵に依頼しないと集められない証拠

 

・証拠写真

・探偵事務所などの調査報告書

 

これらは浮気の証拠になり得るものですが、何でもよいというわけではありません。証拠写真やLINEのやり取りなどは、デジタルデータでは無い方が証拠としての価値があります。

たとえば証拠写真は、デジカメよりも普通のカメラの写真の方が好ましいのです。なぜかというと、デジタルデータは捏造の疑いを持たれることがあるからです。

 

LINEのやり取りを証拠として提出するなら、スクリーンショットを保存するよりも、スマホの画面そのものを撮影しましょう。また、LINEのやり取りを一括ダウンロードするという方法もあります。

ダウンロードしたものをテキストとして残すことで、証拠としての信憑性が高まります。また、どの証拠も1つだけでは弱いので、複数の証拠を集めることが大事です。

 

但し、自分で集められるLINEやSNSのやり取りは浮気を確信できると思っても、法的に証拠価値が認められないことも少なくありません。

決定的なやり取りだと思っても、やり取りだけだと腕の弁護士であればどうとでも言い繕えます。探偵による証拠写真や調査報告書は証拠価値という点で信頼性があります。

 

3.     不倫を認める書面を残すのが大事

 

浮気の証拠を集めたら、ご主人に不倫を認める書面を書かせましょう。はっきりと書面として残しておくことで、裁判や話し合いの時にうやむやになることを防げます。

もっとも、ご主人の性格によっては開き直ったり、逆切れをする可能性もあります。このようなときは最初から弁護士に依頼した方が良いケースもあります。素人考えで動いたために不利な状況になることもあるからです。

 

書面を作るメリットは、書面が無いと、いろいろな言い訳をされる可能性があります。たとえば、「そんなことを認めた覚えが無い」「浮気や不倫ではなかった」「気が動転していて、間違って答えた」などと言われる恐れがあります。このように後から白を切られないよう、書面として残しておくのです。

 

不倫を認める書面に必要なものには、次のようなものがあります。

・いつから不倫関係があったのか

・実際に浮気した日時や回数

・不倫相手の氏名

・不倫相手との子供の有無

 

ご主人は書くことを渋るかもしれませんが、不倫を認めた書面はとても重要になるので不倫の事実を突き詰めた以上はその場で書かせます。また、不倫を認めた書面だけではなく、誓約書を書かせることも大事です。誓約書には、二度と不倫相手と接触をしないことや、不倫関係を解消することなどを書かせます。

 

但し、不倫を知っていることをご主人に話すと、もし不手際があったときに取り返しがつきません。それ以後はご主人も警戒・自重するため追加で証拠収集ができないため、その時点で持っている証拠で勝負せざるを得なくなるからです。

法的に十分な証拠がないにもかかわらず、不倫の事実を突きつけることは絶対に避けましょう。

 

4.     浮気の証拠を集めるための注意点とは

 

浮気の証拠を集めることは大事ですが、なかなか難しいものです。たとえば証拠写真の場合に一番良いのは、実際に肉体関係を持っている現場の写真です。

しかし自宅での行為ならまだしも、ホテル等で行われている場合、その現場の写真を撮るのは困難です。

 

また、密会中の会話を録音することも大変です。かといってそこで、思い余って違法な手段で証拠を集めることはよしましょう。違法な手段とは、盗聴や盗撮、SDカードの窃盗です。

 

これらの手段で入手した証拠は、「違法収集証拠」とみなされる可能性があるのです。できるだけ違法行為はせずに、証拠を集めるのが肝心です。もし自分で証拠を集めるのが大変なら、専門家に任せるのがよいでしょう。

 

5.     浮気の証拠を残すのは探偵事務所に頼むのがおすすめ

 

浮気の証拠を集めるなら、探偵事務所に頼むことをおすすめします。自分で証拠を集められるのならよいのですが、実際には困難を伴います。

 

たとえば、証拠写真として有効なものにホテルへの出入りの写真があります。この場合、ホテルに入るだけとか、ホテルから出てくる写真だけでは証拠として弱いのです。ホテルに入る写真と出てくる写真の両方が必要になります。そして両方の写真を残すことは、素人では難しいものです。

 

また、夫と不倫相手が車で郊外まで出向くこともあるでしょう。そういった場合に追跡することも、専門家である探偵事務所に任せた方が無難です。追跡や尾行をする時、探偵事務所では2人以上で行います。なぜなら、1人では尾行をまかれたり、不審に思われたりするからです。こういったことも、自分だけでは無理なものです。

 

6.     まとめ

 

不倫の事実を認めさせ裁判や話し合いを優位に進めることが肝心です。

ご主人の不倫に気が付いたら、まずは証拠を集めることが大事です。それもひとつではなく、複数あることが望ましいのです。

 

浮気の場所や相手を特定し、動かぬ証拠として夫に見せ、不倫を認める書面を書かせます。これらは後の裁判や話し合いで、優位に立つために必要なものです。

 

自分で集めることが難しい証拠は、探偵事務所にまかせましょう。その道のプロのやり方で、十分な証拠を集めてきてくれることでしょう。

-浮気調査に基づく対応

Copyright© 浮気調査マニュアル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.