ご主人の不倫を疑う貴女のために浮気調査を徹底解説

浮気調査マニュアル

探偵に浮気調査を依頼する

浮気調査をしたい!探偵費用の料金プラン3パターンを解説

投稿日:

浮気調査を依頼しようか迷っているときに、気になることと言えば、やはり探偵費用がどれぐらいかかるか、あとは浮気調査にかかる期間ではないでしょうか。

 

できるだけ安く探偵費用を抑えたい、でもちゃんとした浮気調査の結果を得られるのだろうかと不安になるかもしれません。ほとんどの探偵事務所で採用されている料金の支払い方法は大きく分けて3タイプあります。

 

この記事では依頼した場合の浮気調査の期間や費用の相場も併せて、わかりやすくご紹介します。

 

1.     浮気調査費用、賢く選べば費用は抑えられる!

 

1.-(1)  人生で始めて依頼する浮気調査 悪徳業者に騙されないために

 

浮気調査は意外と一般的でニーズがあるため、探偵事務所への依頼は多くなっています。

探偵事務所の中には優良な調査員が、良心的な探偵費用や調査内容に合わせた適正な料金で対応しているところもある反面、悪徳業者が絶えないことも事実です。

 

なぜなら、探偵に依頼することは一般の方にとって人生に一度あるかないかです。

探偵事務所の料金相場があるにしても、一般家庭の主婦をしている奥様からすれば全く未知の世界です。

男性の浮気調査を依頼するのは専業主婦やパートで働いる方も多く、探偵費用相場は非常に関心が高いとこです。

 

探偵事務所に依頼する方向で心を決めたのであれば、次はどの探偵に浮気調査を依頼するかです。依頼する探偵を決める上では探偵費用は大きな選択理由になります。

探偵費用で得するコツを知って賢く選びたいですよね。浮気に関する調査費用の相場と、支払い方法のポイントをわかった上で、最適な料金プランでニーズに合う探偵事務所を選びましょう。

 

1.-(2)  浮気調査の探偵費用相場

 

探偵事務所に浮気調査を依頼した場合の料金相場は、約30万〜50万と言われています。

 

浮気調査の費用は人件費と諸経費を足した1日当たりの調査費が、何日かかるかによって変わります。出来るだけ費用を抑えたいのであれば、人件費が安いところを選ぶか、なるべく短い期間で終わるようにすれば良いでしょう。

 

もちろん探偵費用が低い方が良いですが、人件費の安さばかりを追求すると満足する結果が得られるか心配かもしれません。信頼できる探偵事務所か、問い合わせた際などにしっかり見極めが必要です。

 

なお、探偵業届出証明書の有無を確認しましょう。公安委員会から取得した探偵業届出番号が公開されていれば、きちんと届出をしていることがわかります。

 

1.-(3)  浮気調査費用を抑えるためにできること

 

探偵事務所の浮気調査費用を抑えるために依頼前に出来ることがあります。調査の期間が長くなればそれだけ費用がかかります。

安く済ませるには、短い期間でしっかり調査を終えられる状況であることが望ましいでしょう。

 

従って、浮気調査前に調査期間を短くするために、あなたができることは可能な限り探偵に協力しましょう。

例えば、ご主人が浮気するであろう日を伝えること、浮気現場になりそうな場所をある程度絞り込んでおくことは有効です。

 

また、探偵による浮気調査では諸経費も生じます。

調査場所が探偵事務所から遠ければ、それだけ移動費や宿泊費などの諸経費が高くなってしまいます。ご主人が浮気をしそうな日が複数あるときは、例えば浮気旅行をするときよりは、職場近くで浮気をする日の方が探偵費用は押さえられるかもしれません。

料金プランの中でパック料金の場合には、諸経費込みとしている探偵事務所もあるので、事前に確認してみると良いでしょう。"

 

2.     料金プランその1:時間料金・人員単価型

 

調査時間と人数によって単価が決まっている料金プランが時間料金型です。例えば、1時間・一人当たり6000円などと探偵費用が設定されており、2名で10時間であれば12万円、3名で各15時間であれば約30万円程度になります。

調査にかかる時間が短くなれば、それだけ費用も安く抑えられるメリットがあります。

 

ただし、設定する調査時間が短い期間になれば、その分浮気現場をおさえられるタイミングに出くわす可能性が低くなるデメリットがあります。

 

確実に浮気しそうな日や場所を特定できている場合には、この時間料金型が向いていると言えるでしょう。時間料金型の相場は、大体30万円から40万円前後までと言われています。

 

3.     料金プランその2:パック料金型

 

パック料金型はあらかじめ時間がパックで設定されている料金プランです。浮気調査期間や人数が増えると探偵費用が高額になりがちな点を解消するために、数多くの探偵事務所で採用されている料金プランです。

 

パック料金型は予め定められた10時間、15時間、30時間などの調査時間に対していくらと、金額がはっきりしている分、依頼者も追加金額など気にせず購入しやすいようです。

もし予め設定されている時間数分を消化したときは延長料金を支払うことで追加の浮気調査を依頼することも可能です。

 

パック料金型のときは浮気調査の時間に加えて、調査経費も含まれていることが多いです。ただし、探偵事務所によってはパック外の経費の請求を決めている場合もあるので、全て込みかどうか事前に確認が必要です。

 

なお、購入した時間より短く調査が終わると、差額の返金は大抵の探偵事務所は対応していないので、無駄が出てしまう可能性もあります。

また、パック料金型では複数日の浮気調査を時間の範囲内で依頼できますが、1日当たりの最低時間数が決められているので注意が必要です。

例えば、15時間パックだからといって1時間×15日などの依頼はできず、例えば最低時間数が1日当たり3時間であれば、3時間×5日などの調査になります。

 

パック料金型はまとめて購入する調査時間によって大きく差がありますが、10万円から長期になると100万円くらいまでが相場のようです。

 

4.     料金プランその3:成功報酬型

 

成功報酬型は、その名の通り成功した場合のみ支払う報酬として金額を決めている料金プランです。浮気調査に失敗したときに探偵費用を無駄にしたくないというニーズから生まれた料金プラウです。

 

しかし、注意点として、どこまでの結果を成功とするか探偵事務所と依頼者の見解に相違がある場合を考えなくてはいけません。

依頼する際に、何を成功とするか明確に話し合わなければ、思うような調査結果を得られないまま支払いだけが発生してしまう可能性があります。

 

成功報酬型については、大体40万円から50万円前後が相場と言われ、あわせて着手金を支払う必要があります。着手金の相場は10万円前後のようです。

 

5.     まとめ

 

本記事では探偵費用の料金プランを解説しましたが、時間料金型は浮気日時・場所を特定した短期間の調査に向いており、パック料金型はとりあえず1週間調査してみるなどの比較的長期間の調査に向いています。

 

成功報酬型は一見すると魅力な料金プランですが、探偵事務所ごとに成功の定義が異なるので注意が必要です。また、成功報酬型のときは失敗のリスクを探偵事務所が負うため、成功したときの探偵費用が高額になりがちです。

 

探偵に依頼するときは様々な料金プランがあり得ます。気になる探偵事務所に問い合わせをして、しっかり探偵費用を確認しましょう。

優良な探偵事務所に依頼できれば、あとはプロに任せて結果を待つだけです。

 

ポイントは、お金を必要以上にかけずに出来るだけ早く調査を終えること。良い事務所を見極め、時間をかけなくても良いように依頼者側で特定できそうなことは事前にある程度調べることが大切です。調査する場所や時間などの状況に応じて最適な料金プランを選び、賢く依頼しましょう。

-探偵に浮気調査を依頼する

Copyright© 浮気調査マニュアル , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.